『子どもがどんどん賢くなる「絶対音感」の育て方』を紹介します!

読書1

こんばんは!

以前ツイッターで、ある本を読んだと呟いたら、フォロワーさんが興味を持ってくださったので、
今回はそれを紹介したいと思います!

少し長いですが、ぜひ最後までご覧ください!

子どもがどんどん賢くなる「絶対音感」の育て方

子どもがどんどん賢くなる「絶対音感」の育て方 サムネイル

鬼頭敬子さんの著書『子どもがどんどん賢くなる「絶対音感」の育て方

本書では、絶対音感を身につけるメソッドが紹介されている。

絶対音感とは?

絶対音感とは

生まれ持った才能ではなく、後天的な能力。
つまり、誰もが身に付けられる

ただし、脳の発達が関与するので、6歳が臨界期。7歳がギリギリ。
視覚よりも聴覚が先に発達し、完成するのが早いため。
少しでも早いレッスンが望ましい。

絶対音感を鍛えようと思い購入したが、自分は無理か…。
しかし、「相対音感」という能力は大人になってからでも鍛えられる。
それは、また別の記事で紹介。

絶対音感の可能性

絶対音感の可能性

絶対音感を持つ人は、頭に音楽が流れ、楽譜がなくても楽器を弾ける。
モーツァルトやアインシュタインも絶対音感を持っていたと言われている。

絶対音感を身につけるメリットは、
音楽の才能を伸ばしたり、将来、音楽家になるためだけではない

集中力や記憶力など、音楽以外の能力まで伸びる
聴く力が育ち、言葉を理解する能力が高くなるためであり、脳が発達した証拠。

情報が溢れている現代で、高い情報処理能力を持つことは強みだ。

有名な話だが、絶対音感があると、英会話が得意になる。
自分が5歳の時、母が英語とピアノを習わせようとしていた。
しかし、自分が「イヤだ~」と言ったので諦めたらしい。

おーーーい。
もっと粘ってよーーー。

この頃、やっていたら…。悔しい。

幼少期は、能力を伸ばすチャンス ということがよく分かる。

親御さんに朗報

親御さんに朗報

2歳は、言わずもがな知っている「イヤイヤ期」。
自分も姪を何人も見ていたので分かるが、大変だ…。

いや〜いや〜だけの会話。
いやいや、会話が成り立たないから大変なのか。

ところが、絶対音感を身につけると、言葉の理解力が向上する。
意思疎通ができるようになるため、ぐずることが減る

イヤイヤ期もイヤイヤじゃない期になる。

レッスン

レッスン

絶対音感を身につけるレッスンの具体的な方法は、本書を参照。

レッスンは、自宅で行う。
内容はシンプル、かつ必要な道具も少なく手軽。

レッスン開始から、たった1ヶ月で耳が育ち始めるというのには驚き。
この時期に、「本当に分かっているのかな?」「レッスンの効果はあるのかな?」
不安になってはいけない

子どもは、しっかりと音を記憶している。
続けることが大切だ。

PCの起動時に消費電力が最大であるように、新しいことを始めるのは負担が大きい。
次に、継続という難関が待ち構えている。
歯磨きや洗顔のように、習慣化できたら勝ち と思う。

レッスンは長時間ではなく、1日1分×4回の方が効果的。
これなら、忙しくても続けられそうだ。

続けることで変化が現れてくる。
音を記憶するスピードも早くなる。

そして、自分で楽譜を読めるようになるため、楽しくなり、積極的にやるというフローができる。

レッスンの注意点

レッスンの注意点

子どもは、簡単なことでもできないことが沢山ある。
見てる方がもどかしくなるかもしれないが、その時の親の心構えも参考になる。

1.怒って教えてはいけない。
大人はすぐにできるかもしれないが、子どもはそうではない。
ただ正解を教えるだけだ。

2.音を対比して判断しない。
ここで身につけるのは絶対音感だ。

できないことよりも、できることに目を向けることが大切。
レッスンの注意点や疑問は、Q &A形式で書かれているので、チェックするのが無難。

まとめ

まとめ

絶対音感は、特別な才能ではないと分かりました!
それでも、素晴らしい能力であることに変わりないです!

絶対音感がある人は、ご両親に感謝ですね。
そして、ご両親は、子どもに絶対音感を身につけて欲しいと思ったはずです。

レッスンを通して、子どもを信じること、親子の信頼関係を築くことが重要です。

「親子の信頼関係が、子どもの人生を支える」

まさか絶対音感からこんなことを学べるとは!!!!!

ぜひ、育児の本と一緒に読んで頂きたい一冊でした😄

それでは、また次回!
ぜひともフォローチャンネル登録を!
コメントリクエストもお待ちしてます!

↓応援する(o尸’▽’)o尸゛フレーフレー